Tap to close

若い人も増えている逆流性食道炎!

電話バナー

アクセス

ヒットボディコンディション宝塚ヒットボディコンディション宝塚

若い人も増えている逆流性食道炎!

はい!薬の頼らず健康を目指す!ヒットボディコンディション宝塚 日高です!

 

食後に胸焼けがしたり、ゲップが出たり、のどに酸っぱいものや苦いものがこみ上げてくる感じがしたことはないですか?……そんな症状があったら「逆流性食道炎」かもしれませんよ。逆流性食道炎は高齢者に多い症状と思われがちですが、最近は若い人にも増えています。
逆流性食道炎が起こる原因としては、食道と胃の間の下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)の筋力が弱っているといわれています。本来は、下部食道括約筋が胃酸の逆流を防いでコントロールしていますが、この筋肉が加齢などによって弱ると、胃の中のものが食道に戻ってきてしまうのです。
ところが最近、若い人に逆流性食道炎が増えてきています。原因の一つは、「便秘」によって腹圧が高まることだと思われます。便秘になってお腹が張っていると、胃は腸からの圧迫を受けることになり食道への逆流が起こりやすい状態になります。
特に常習性便秘症の人の約10%に逆流性食道炎だとと言われています。慢性便秘の人には若い人でも逆流性食道炎が起こりやすいことがわかっています。
また脂肪分の多い食事を好んで食べる人にも、逆流性食道炎が起こりやすいというデーターもあります。
そして放置すると胃潰瘍になったり、食道がんのリスクが高くなります。また、逆流性食道炎の原因と言われる便秘や高脂肪の食事は、大腸がんのリスクも高くなります。
ヒットボディコンディション宝塚ではそういう逆流性食道炎を自律神経のはたらきを正常にすることで改善に導いていきます。

気になる方は是非一度ご相談ください(^^)/

Top
インスタでフォロー

インスタでフォロー

LINEで紹介する

LINEで紹介する

Facebookで紹介する

Facebookで紹介する

口コミ投稿

口コミ投稿